CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ARABAKI ROCK FEST.04292005 やっつけレポ 本祭編 | main | ミュージシャンのブログ(11+1件追加) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ARABAKI ROCK FEST.04292005 やっつけレポ 宵祭/後夜編
遅ればせながら、ARABAKI後夜祭レポ。
実をいうと、後夜祭のほうが楽しみでした。
だって、今私の中で最も熱いbonobosが出るんだもの。
本祭を途中で抜け、accelに行くと、
曽我部さんのDJ真っ最中。
テンションの上がる選曲で楽しかった。
サニーデイの「魔法」で、わくわく感最高潮の中、
だいぶ押して、Polaris登場。


Polaris
坂田さん脱退後の新生Polrisは、オオヤさん、譲さん、宮田さん(今回はギター)、アラキユウコさん(ドラム)の4人編成。
新曲を中心に3曲演奏したけれど、これまでのライブで感じていた浮遊感は影を潜め、
POPさが全面に押し出された印象。
アラキさんのドラムはボトムが重くタイトで、新曲にはハマっていると感じた。
しかし、「光と影」ではどうしても坂田さんのドラムと比べてしまう自分がいて・・・。
正直なところ、3曲じゃ新しいPolarisを感じるのは難しかった。


再び、DJ曽我部さん。
曲をかけながら、セッティング&サウンドチェック中のbonobosメンバーと
掛け合い(?)みたいなことをしていた。
緩くて良い感じ。
DJもそこそこに、押してる時間を詰めるようにbonobosのライブがスタート。


bonobos
今回は、bonobosメンバー+HAKASEさん(キーボード)の6人編成。
コジロウさんのギターに、
鍵盤が入って、より一層安定した音。
3人のリズム隊によって造り出される、グルーヴ感。
蔡さんの透明感のある柔らかな声。
すべてに身も心も委ねて、踊る。
この緩い空気感が会場全体に広がって、
はじめてbonobosの音に触れた人達をも巻き込んで、
造り出されたハッピーな空間。
改めて、「bonobos最高!」と感じたライブだった。

次回仙台でのライブは某バンドと対バンだって!
蔡さんが内緒って言ってたから、誰かは書かないでおくけど、
アラバキ本祭に出たファンキーなバンド。
勝手と被って、なくなく見るのを諦めたので嬉しい!
早く、7月になんないかな〜。


ここで会場外に出て、少し休憩。
物販を物色し、bonobosのラグランTシャツを購入。
あまりにbonobosのライブが良かったので、
衝動買いしてしまった。
7月のライブに着て行く予定。


高野寛with原田郁子
なんて豪華なメンバーだろう。
主役、高野さんに、
私の中でNo.1女性ヴォーカルの郁子ちゃんと、
No.1ドラマーの坂田さん。
大好きなレピッシュのtatsuさんという、
全員B型、「ある意味B'z」の4人(笑)。
1曲目の坂田さんのドラムの音を聴いた瞬間、
胸が高鳴って、泣きそうになった。
本当に坂田さんのドラムは素晴らしい。
いままで、これほどまでに魅せられたドラマーがいただろうか。
改めて、坂田さんのドラムが大好きだということを実感した。
実は高野さんの曲はあまり知らなかったのだけれど、
郁子ちゃんソロの曲「トゥインクル」と「たのしそう かなしそう」が
聴けたのが嬉しかった。
悲しいかな、最後の曲「美しい夜」で、
坂田さんがエレクトロニクスを操る姿と音に、
Polarisを感じてしまい、ちょっぴり切なくなった。
とはいえ、4人がとても楽しく演奏しているのが伝わってきて、
切なさも吹き飛んだけれど。


再び会場外へ。
そしてこの間の記憶がない。
たぶん、軽く眠ってあまりの寒さに起きたのは、
この間だったと思う。
その後、会場内へ戻ると、
スカパラ谷中さんのDJ中だった。
凄くいい選曲で、最初からいれば良かったと少し後悔。
3曲ほどかけた後、マイスティースのライブへ。


THE MICETEETH
ハッピーなんだけど、どこか切ない、スカを聴かせてくれるマイティ。
秋の宵祭で初めて見た時は、
ヴォーカル次松さんの酔拳のような妙な動きと、
金子貴俊のようなたどたどしいしゃべりに衝撃を受けた。
しかし、真夜中に聴くマイティの音は、
心地よいのを通りすぎている。
音に合わせて、ゆらゆら揺れているうちに眠りそうになった。
bonobosに負けず劣らず、
マイティもすごくハッピーな空間を造り出していたように思う。
夜も良いけど、昼間野外で聴いたら、
もっともっと、気持ち良いだろうな〜と思ったりした。


この後、ピールアウトの高橋さんのDJ→ポリシックスのライブ→スパゴーのライブと
続く。
しかし、私は睡魔に勝てず会場後方で音を聴きつつ、仮眠。
ポリシックスもスパゴーも音源未聴でどんなライブなのか検討もつかず。
ウトウトしながら聴いたポリシックスは、
ハヤシさんの声がヘビメタのヴォーカルみたいだと思った。

仮眠から目覚めると、ポリハヤシさんのDJが始まったばかり。
これが、良かった、面白かった。
まずDJというより「カラオケか!」と思う程、唄い、踊るハヤシさん。
しかもかけてる曲が「日本印度化計画」!
き、筋少だ〜!!!
いやがおうでもテンションが上がる。
その後も筋少の「日本の米」とか、誰の曲か知らないけど「歯が、抜けた〜♪」とか、
ユニコーンの「Maybe Blue」とか、Xの曲とか、すかんちの曲とか、
THE BOOMの「風になりたい」とか、
ルースターズの「恋をしようよ」とか、
普通のDJじゃかけないだろうと思われる曲の数々。
締めはミスチルの「シーソーゲーム」。
「DJという名の不法集会」と言われている理由が分かった気がする。
ハヤシさんのノリも異常だが、みんなのノリも異常。
まぁ、楽しければなんでもありということですな。
実際、ものすっごく楽しかったし。
ハヤシさんのDJは機会があれば、また見たい。
ハヤシさんのDJの熱気さめやらぬまま、ピールアウトのライブへ。


PEALOUT
今年7月をもって解散が決まっている、ピールアウト。
解散前に見れるのは、私にとってこれが最後だと思うので、
しっかり目に焼きつけておこうと思ったが、
睡魔には勝てず。
しかし、途中まではしっかり見た。
以前、イベントで見たことがあったのだけど、
その時のイメージと少し違っていた。
もっと、ゴリゴリしたロックをイメージしていたのだけれど、
意外にポップなノリのロックだった。
もしかしたら、他のバンドと勘違いしていたのかも。
それにしても、近藤さんの鍵盤さばき(?)には圧巻。
速弾きはもちろん、上に乗っちゃうからね。
本当に解散が残念。
高橋さんが「11年間ありがとう。」みたいなことを言っていたけど、
こちらこそ素晴らしいステージングを見せてもらってありがとうという気持ちになった。


続いて、仙台ではお馴染みのDJ阿部さん。
阿部さんのDJは分かりやすく、ノリやすくて好きだ。
踊りつつ、眠気をさましながら、
次のニートビーツに向けて前方へ移動。
踊る準備が整ったところで、
ステージ上にはG.I.Pの菅さんが現れる。
「来年もこの時期に、この場所で開催します!」という、
力強い言葉を聞き、とても嬉しくなった。
来年も絶対来るからね。
そして、待ちに待ったトリ、ニートビーツの登場!


THE NEATBEATS
MR.SHALLOW 加入後、初めて見るニートビーツは、チェックのスーツに身を包み登場。
やっぱりニートはスーツでなきゃ!
とにかく、観客をのせるのが上手くて、
みんな疲れているはずなのに、踊りまくる。
すっごく楽しい!
「黒いジャンパー」で「裏地は赤のチェック柄〜♪」とおもいっきり唄い、
力つきた。


会場を出ると、物販にニートのメンバーがいたようだが、
疲れきって見に行く気力もなくなっていた。
人の流れに乗って、バスと電車に乗り、家路につくと
倒れ込むようにして寝た。


後夜祭全体を通してみると、1アーティスト30分の持ち時間は短いと思う。
特にPolarisは1曲が長いから、3曲しか聴けなくて消化不良ぎみ。
ただ、その分たくさんのアーティストを見れたという点では、
素晴らしく充実していたと思う。
Polaris、bonobos、THE MICETEETHは次回は本祭で見たい!

| LIVE | 23:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
THANK YOU FOR THE MUSIC、ええ、もうそのとおりで。。
bonobosの新譜THANK YOU FOR THE MUSIC買いましたよ。 1週間ほど遅くなりましたが。。てへへ! ジャケかわいいねー。ぼやーとしてて。 雑貨屋さんみたいなジャケだねー。 初めて、bonobos買ったんだけど、フィッシュマンズとか思い出す感じ。 なんか、ドラムが
| 空想デイト | 2005/05/21 11:47 PM |