CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 東京事変 Live tour 2005 ”dynamite!” @ 仙台サンプラザホール | main | Requiem for innocence/Art-School >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「広瀬通り・名曲カフェ 」2月2日 仙台 CLUB JUNK BOX
とっても贅沢なイベントでした。
トリは曽我部さんだったのですが、
今回の私的メインはbonobos!
なので、bonobos中心のレポートをどうぞ!
セカイイチ
予備知識がまったく無く、はじめて触れたセカイイチの音。
一言で言うと、切な系ギターロック。
曲も詞もストレートで、スタンダードな印象を受けた。
万人受けするタイプのバンドだと思う。
「三日月」という曲が心に染みるとても良い曲だった。
「ふりだしの歌」も良かった。
ボーカルの声がすごく好き。
鼻にかかった、若干かすれぎみの声。
誰かに似てると思ったんだけど・・・思い出せない。

堂島孝平
堂島君のライブをちゃんと観るのははじめて。
1回目のアラバキでちらっと観たけれど、あれは通り過ぎたと言ったほうが正しい。
楽曲は耳馴染みの良いキラキラポップだけれど、
ライブは予想外にパワフルで驚いた。
ルックス、声、曲の可愛さに反する、熱いライブパフォーマンス。
女受けする理由はこれかもしれない。
女はギャップに弱いからね〜。
前方の女子達が目をハートにして、堂島君を観ていたのが印象的だった。

bonobos
はじめてbonobosの音に触れたのが、一昨年の夏。
それから約1年半、待ちに待ったbonobos初来仙ライブ。
楽しみにし過ぎて、始まる前から浮き足だっていたと思う。
なんて心地良いんだろう。
ポップでダビーな曲。
レゲエ、ラテンっぽい陽気なリズム。
目をつむれば情景が浮かんでくるような詞。
蔡さんの柔らかで優しい声。
すべてが踊らずにはいられなくさせる。
自然と体が揺れてしまう。
CDで聴いても十分良いけど、
ライブはその何倍、いや何十倍良い。
新曲「Thank you for the music」は、
これまでのbonobosの曲とはちょっと違った雰囲気で、
オシャレで洗練された印象の楽曲。
かなり好きな感じだった。
辻さんのドラムと、松井さんのパーカッションがすごく良くて、
リズム隊がしっかりしたバンドは魅力的だなぁと実感。
今回はイベントだったこともあって、
SET LISTはメジャーデビュー後のシングルの曲が中心だったけれど、
私がbonobosを好きになったきっかけの曲、
「Mighty Shine,Mighty Rhythm」が聴けたのが嬉しかった。
今度はフルートやオルガンが入った本格的なbonobosの音を体感したいので、
ぜひワンマンで来て欲しい。

曽我部恵一
今回の曽我部さんも愛に溢れていた。
もう、愛を歌わせたら曽我部さんの右に出るものはいないんじゃないだろうか?
愛娘、ハルコちゃんについて歌った「ハルコROCK」なんて、
ハルコちゃんの様子と甥っ子の様子がダブって、
「分かる、分かる!」と、おもわず共感してしまった。
アンコールでは、フロア後方の物販のテーブルに乗って、
ギターとマイク無しで、「大人になんかならないで」。
最近はライブを見るたび、曽我部さんとの心の距離が、
近くなっていっている気がしていたけど、
今回のライブで、ますます近付けたような気がする。


4組共、素晴らしいライブを見せてくれて、
おなかいっぱい、楽しめた。
特にbonobosは期待以上に良いライブだったので、
ますます大好きになった。
曲名を勝手にブログタイトルにした負い目もあり、
大々的には言いませんが、このブログでは、
bonobosを応援して行くことに決定!
あくまで、こっそりと。

今日あの橋の向こうまで
今日あの橋の向こうまで
セカイイチ
これ以上キミはいらない
これ以上キミはいらない
堂島孝平, CHOKKAKU
今夜はGroove me
今夜はGroove me
bonobos, 蔡忠浩, 千住宗臣
STRAWBERRY
STRAWBERRY
曽我部恵一
| LIVE | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック